コラム

 公開日: 2016-05-26 

がんになったら今までどおり働けますか?

がんは本当にお金がかかります。
治療費も大変です。
病院に通うのにタクシーを使ったり
抗がん剤のためにかつらを購入したり
治療以外にもすごくお金がかかります。

現在の収入も
減少することが多いようです。
正社員の方ががんになり
仕事の立場がどうなったかの
リサーチが昨年行われました。
正社員の時にがんを発症し
今現在働いている方が
どのような立場かを調査しました。

多いがん
男性…大腸がん
女性…乳がん
多く病気が見つかった年齢
 (全体の半分くらい)
男性…50代
女性…40代

がんにかかってから
転職した方は14%
転職先でも正社員が6割弱
非正規が4割ほど。

どうして転職したのか?
体力が続かないが25%
治療との両立の環境が
整っていないが12%
職場の理解と
環境整備ができていないようです。

職場の環境が整っていないことは
他人ごとではないです。
がんはかかるかどうかわかりません。
日本人の二人に一人ががんとしても
がんは歳を取ってから
かかることが圧倒的に多いです。
現役時代にがんに罹る確率は
少ないです。
だから職場でのがん発症も
まだ数は少ないです。
そして理解されていません。

正社員でがんばっていても
病気のために離職する。
どうしても収入は落ちます。
個人の収入が落ちることは
税収の減少で
国にとってもダメージです。

国はがん対策として
平成24年から28年までの5年間
がん対策推進基本計画を打ち出し
取り組んでいます。
がんになっても安心して働けるよう
職場の理解の促進
相談支援体制を充実させるなどの
取り組みをしています。

がんに限らず病気になっても
離職しなくて済めば
職場も大事な人材を失うこともなく
国も税収を確保でき
患者自体も経済的困窮を
避けることができます。
みんながウインウイン。

病気は大事にしていれば
いつか治ります。
職場の仲間を
なんとかみんなで支えてほしいものです。
具合が悪ければ
休職しても傷病手当があります。
短気を起こして離職せず
ずうずうしく職場に居座りましょう。

がんになったら
国にばかり頼れません。
自分で経済準備をしておきましょう。
貯蓄はいざという不測の事態に
役立ちます。
毎月一定額を必ず貯蓄してください。
病気に罹った時、きっと強い味方になります。

貯蓄だけではなく
医療保険やがん保険も大事です。
デラックスなものは不要です。
シンプルで安いものをかけてください。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

病気になった時の
経済準備の仕方がわからない人
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

ファイナンシャル・プランナー 石井順子 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 石井順子

新潟県新潟市西区青山1-3-1 [地図]
TEL:090-1404-7204

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
くらしのみまもり

FP石井順子はくらしのみまもりサービスを提供しています。くらしのみまもりサービスって何?みなさんのお家では大量に送られてくる封書類保険契約・住宅ローン・...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャル・プランナー石井順子さん

何よりお客様のメリットを考える女性ファイナンシャル・プランナー(1/3)

 毎月の生命保険料、なんと約8割の人が必要以上にかけている?—ちょっと驚いてしまう話ですが、新潟市を中心に活動するファイナンシャル・プランナーの石井順子さんは、こう語ります。  「これまで多くのお客様の保険を見直させていただきましたが、だい...

石井順子プロに相談してみよう!

新潟放送 マイベストプロ

お客様の利益を最優先したファイナンシャル・プランニング

会社名 : ファイナンシャル・プランナー 石井順子
住所 : 新潟県新潟市西区青山1-3-1 [地図]
TEL : 090-1404-7204

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1404-7204

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
気がつけば子どもよりお年寄りが多くなっています

 加速する少子高齢化 2015年の国勢調査の結果が出ました。総人口がほぼ100年間の調査の中で初...

医療・介護の制度改正、あなたの老後は大丈夫?

 老後の貧困はもう他人ごとではない 膨らむ社会保障費。なかでも医療費は40兆円を超しています。なんと...

働く女性が今後産んで育てやすくなるのでしょうか?

 ベビーシッターなどが公的支援予定 国は女性の労働力に期待しています。でも子どもはたくさん産んで育...

火災保険だけじゃなく地震保険も加入していますか?

 地震保険は必ず加入してください ちょっと前ですが9月1日は防災の日でした。1923年9月1日の関東大震災...

労働力、女性と高齢者に何を期待する?

 人生いろいろですが長いことは間違いないです 人手不足、業種によっては深刻みたいです。私のお客様たち...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ