コラム

 公開日: 2016-09-13 

医療保険不必要論のこと

社会保障制度が変更されたらどうしますか?


マイナス金利で
銀行や保険会社は大変みたいです。
生命保険の商品に
どんどん売り止めが出ています。

生命保険会社が独自に決めている
予定利率は以前から下がっています。
それとは別に
将来の支払のために積み立てる
責任準備金の計算利率として
国から定められている
標準利率があります。
それも来年は下がる予定。
現在1%ですがたぶん0.25%になる。
標準利率が下がるのに
予定利率を上げていれば
マイナスは保険会社が背負います。
そんなことはあり得ません。
もう積立保険はなくなりますね。

そして11年ぶりに
保険料の算出の基準になる
標準生命表も改訂される予想なんです。
11年前より長生きになっています。
だから死亡保険は安くなりますね。
でも掛け捨てだけ。
貯蓄保険はマイナス金利なので
きっと値下がりにはなりません。

そしてもうひとつ
医療保険やがん保険は
長生きになってしまったため
値上がりせざるを得ないでしょう。

みなさんの保険は大丈夫ですか?
見直しは急いだ方がいいですね。
そしてお宝保険の解約は
絶対しないこと!

FPの先生方でも
保険要らない派がいらっしゃいます。
その理由は公的保障が充実しているから。
確かに一理あります。
たくさん払う保険料を
貯蓄にしていればいいと。

貯蓄がきちんとできる人は
それでいいと思います。
でも目の前の手つかずのお金を
将来あるかわからない
入院のために
使わないでとっておくことができますか?
いくらあったら安心ですか?

医療保険やがん保険は
病気にならなかったら損な気分です。
医療保険の保険料は
掛け金として100万円前後。
保障内容は無限大のところが
多いです。
三大疾病で入院や手術が無制限なら
お得な買い物だと思います。

今の充実している社会保障でも
大きな病気になったら
医療費の支払い、収入の減少で
家計が大変なことになるお家は
少なくないです。
自分がなるかどうかの確率が
少ないだけ。
社会保障の質が落ちたら
どうしますか?

掛け捨て保険の掛け金は
毎月もったいないかもしれません。
でも2000円くらいで
いい保険はいろいろあります。
月の2000円で
無駄遣いすることはないですか?
無駄遣い位で安心が買えます。

大きな病気で
経済損失が出ると
老後の暮らしにも響きます。
私は医療保険位は
絶対必要だと思います。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

保険のこと
よくわからなければ
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

ファイナンシャル・プランナー 石井順子 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 石井順子

新潟県新潟市西区青山1-3-1 [地図]
TEL:090-1404-7204

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
くらしのみまもり

FP石井順子はくらしのみまもりサービスを提供しています。くらしのみまもりサービスって何?みなさんのお家では大量に送られてくる封書類保険契約・住宅ローン・...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャル・プランナー石井順子さん

何よりお客様のメリットを考える女性ファイナンシャル・プランナー(1/3)

 毎月の生命保険料、なんと約8割の人が必要以上にかけている?—ちょっと驚いてしまう話ですが、新潟市を中心に活動するファイナンシャル・プランナーの石井順子さんは、こう語ります。  「これまで多くのお客様の保険を見直させていただきましたが、だい...

石井順子プロに相談してみよう!

新潟放送 マイベストプロ

お客様の利益を最優先したファイナンシャル・プランニング

会社名 : ファイナンシャル・プランナー 石井順子
住所 : 新潟県新潟市西区青山1-3-1 [地図]
TEL : 090-1404-7204

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1404-7204

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
気がつけば子どもよりお年寄りが多くなっています

 加速する少子高齢化 2015年の国勢調査の結果が出ました。総人口がほぼ100年間の調査の中で初...

医療・介護の制度改正、あなたの老後は大丈夫?

 老後の貧困はもう他人ごとではない 膨らむ社会保障費。なかでも医療費は40兆円を超しています。なんと...

働く女性が今後産んで育てやすくなるのでしょうか?

 ベビーシッターなどが公的支援予定 国は女性の労働力に期待しています。でも子どもはたくさん産んで育...

火災保険だけじゃなく地震保険も加入していますか?

 地震保険は必ず加入してください ちょっと前ですが9月1日は防災の日でした。1923年9月1日の関東大震災...

労働力、女性と高齢者に何を期待する?

 人生いろいろですが長いことは間違いないです 人手不足、業種によっては深刻みたいです。私のお客様たち...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ