コラム

 公開日: 2017-01-03 

日本の未来を支える女性の就労と配偶者控除改革の行方

103万円の壁はどう作り変えられるのか?

明けましておめでとうございます。
今年もみなさんの役に立つ情報を
たくさん発信していきたいと思っていますので
よろしくお願いします。
今年初めのコラムは女性の就労についてです。

最近議論されている配偶者控除。
いったいどこへ行くんだろう。
廃止も垣間見えましたが
結局拡大のようです。
有力なのが150万円以下。

103万円が150万円に変更されれば
そこまで働きたいと
一瞬思うかもしれません。
でも女性の就労には
険しい道のりが待っています。
103万円では発生しなかった
社会保険料の負担が新たにあります。

夫の年収が500万円くらいで
妻が150万円くらいまで働いたとすると
家庭全体では
マイナスなのではという指摘もあります。
妻が年収200万円くらいないと
目先のお得感はないようです。

小さい子どもを抱えていて
保育園などを延長すれば
保育料がまたかかります。
仕事が多くなって
家事にまわす時間も少なくなります。
夫が家事を手伝うとなれば
夫の負担も増します。

妻の収入は少し増えるかもしれませんが
家計の手取りがマイナスで
保育料のコストが増し
妻の疲労も増し
夫の疲労も増し
体を休める時間もなくなり
イライラしてストレスがたまり
病気になるか
夫婦仲が悪くなるという予測もできます。

これが最悪のシナリオです。
目先のことだけ考えると
不幸ですが
妻にとっては
将来の年金受取額が増えたり
キャリアアップにつながるかもしれません。

女性がはばたくには
まだまだ国にもいっぱい
応援していただかなければなりません。
人口減少なのでしょうか
働き手が減っているようです。
企業は社員の待遇をよくしないと
会社が運営できない可能性があります。
女性の待遇改善で
会社も伸びるかもしれません。

全体を考えない改革は
よくないと思います。
きちんと女性の幸せを考えないと
これから先、子どもも生まれないし
労働力もゲットできません。

女性も文句ばっかりでは
自分のメリットにもならないですよ。
生涯収入を考えたら
きちんと正社員になった方がいいです。
たくさん働ける立場の女性は
働き方をよく考えてみたらいいでしょう。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

ライフプランのこと
悩んだら
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

ファイナンシャル・プランナー 石井順子 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 石井順子

新潟県新潟市西区青山1-3-1 [地図]
TEL:090-1404-7204

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
くらしのみまもり

FP石井順子はくらしのみまもりサービスを提供しています。くらしのみまもりサービスって何?みなさんのお家では大量に送られてくる封書類保険契約・住宅ローン・...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャル・プランナー石井順子さん

何よりお客様のメリットを考える女性ファイナンシャル・プランナー(1/3)

 毎月の生命保険料、なんと約8割の人が必要以上にかけている?—ちょっと驚いてしまう話ですが、新潟市を中心に活動するファイナンシャル・プランナーの石井順子さんは、こう語ります。  「これまで多くのお客様の保険を見直させていただきましたが、だい...

石井順子プロに相談してみよう!

新潟放送 マイベストプロ

お客様の利益を最優先したファイナンシャル・プランニング

会社名 : ファイナンシャル・プランナー 石井順子
住所 : 新潟県新潟市西区青山1-3-1 [地図]
TEL : 090-1404-7204

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1404-7204

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人生100年時代を幸せに生きる老後破産の防ぎ方…

 長生きが幸せに思えるように備えたいです! 人生100年時代。日本人男性の4人に1人女性の半分が90歳まで...

出生率過去最少を更新した日本は変われるのか?

 女性の待遇を改善しなければ産んでもらえない… 先月1日、人口動態統計が発表され2017年の出生数は前年よ...

若年層も気をつけたいがんという病気…

 経済的にも大変な若い人たちのがん… がんは歳をとってからの病気と思っていますか?確率は低いですが赤...

借金を相続する時に生命保険は強い味方です!

相続とは財産を受け継ぐということ。財産は現金や土地などプラスのものだけでなくマイナスの財産つまり...

晩産のママを悩ませる「産後うつ」のはなし

 赤ちゃんにとってママは大事な存在!心も体も気をつけてね 「産後うつ」って知っていますか?中高年にはな...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ