コラム

 公開日: 2013-07-25 

女性にとって出産はリスク?

バリバリに働いている女性が
妊娠するということは
仕事をするうえで
妨げになってしまいますよね。
積み上げたキャリアを失うという意味で。

育児休暇を取らないで
第一線に復帰したとしても
子育てをきちんとしながら
今まで通りに仕事をするのは
とても大変でしょう。
慣れない育児
育てにくい子ども
専業主婦でも
精神的に追い詰められるのに
家族の協力なしでは
想像しただけで怖いものです。

順調に育てばいいですが
感染症や難しい病気もあり
病院に通院するなんて負担があれば
仕事どころではないですよね。
ちゃんと育てたい
そんな気持ちで
一度退社する女性も多いはず。
でも子育てが一段落したら
職場復帰したいなんて甘い考えです。
その間に勉強したり
スキルアップしていれば別ですが
専業主婦の再就職に
世間は冷たいのです。
男性でも就職難なのに
正社員のポジションがあると思いますか。
せいぜいパートの
簡単な仕事があるくらいでしょう。

こんなことを考えていると
働く女性は
いつ子どもを生んだらいいか
時期を考えてしまいます。
まだいい、なんて言ってると
40近くなってしまいます。
子どもの進学を考えると
いつまで働けるのか
高齢出産は母体にもよくありません。
遅い子作りは
いろんな部分が老化していて
不妊につながったり
出産時や産後に
トラブルを招いたりします。
リスクのない体力のある
20代のうちに
子どもを生みあげてしまうのが
育児や住宅における
経済的負担も考えると
ベストだと思います。

FP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

3人、生もうとしている人は
結婚も急がなくちゃね。
そして妊娠したからといって
絶対離職しちゃダメ。
なんとか頑張って両立してほしいです。
会社の人が冷たくても
仕事ができれば
文句を言わせません。
そのくらい頑張ってキャリアを積んでください。
夫を教育して
家事、育児に参加させましょう。
両親、兄弟にも協力してもらいましょう。
後で恩返しすればいいです。
子どもと一緒に介護すればいいです。
持ちつ持たれつ。
周りを巻き込んでもよいから
なんとか頑張ってください!
国も応援しています。
地域の制度も充実してくるはすです。
周りの人たちも
関係ないとか言わないで
協力しましょう。
子どもがいなければ
私たちの老後はありません。
子どもは国の宝なんだから。

この記事を書いたプロ

ファイナンシャル・プランナー 石井順子 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 石井順子

新潟県新潟市西区青山1-3-1 [地図]
TEL:090-1404-7204

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
くらしのみまもり

FP石井順子はくらしのみまもりサービスを提供しています。くらしのみまもりサービスって何?みなさんのお家では大量に送られてくる封書類保険契約・住宅ローン・...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャル・プランナー石井順子さん

何よりお客様のメリットを考える女性ファイナンシャル・プランナー(1/3)

 毎月の生命保険料、なんと約8割の人が必要以上にかけている?—ちょっと驚いてしまう話ですが、新潟市を中心に活動するファイナンシャル・プランナーの石井順子さんは、こう語ります。  「これまで多くのお客様の保険を見直させていただきましたが、だい...

石井順子プロに相談してみよう!

新潟放送 マイベストプロ

お客様の利益を最優先したファイナンシャル・プランニング

会社名 : ファイナンシャル・プランナー 石井順子
住所 : 新潟県新潟市西区青山1-3-1 [地図]
TEL : 090-1404-7204

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1404-7204

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
あなたの借り入れは大丈夫?多重債務に陥らないために…

 「必要」の前に「ほしい」を優先させるとヤバいことになりそう! 最近はキャッシュレスの時代お札や小銭を...

生命保険のお得なかけ方、教えちゃいます!

 死亡保障をじょうずにかけるには? 資産を殖やすには1収入を上げる2支出を減らす3お金に働いてもらう...

大盤振る舞いの社会保障制度は終わる?公的医療保険が差別化されるかも…

 社会保障制度の維持には国民一人一人の努力が必要 社会保障制度は今の水準で継続されるのかとても不安です...

介護にどうやって備えますか?貯蓄?それとも保険?それとも投資ですか?

 介護の備えはいろいろですが自分に合った方法でね! とても長生きになりました。喜ばしいことだけれど介...

もしも大きな病気に罹ったら?療養と生活費。お金の悩みはダブルでやってきます!

 ありがちなアクシデントを想像してお金を準備しましょう☆ みなさん!生命保険は加入していますか?もうだい...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ