コラム

 公開日: 2017-11-10 

伝統木構造の特性を証明する必要に迫られて

「木でつくる家なら、伝統構法!伝統構法!」といくら声高に叫んでも、「それは、お前たち大工職人の古臭い言い分だろう」と理解を得ない。
ならば、この構法の優秀さを、力学・工学的に証明しようと奮起したのが平成18年。
以来、あらゆる専門書を買いあさり、ただひたすらノートに書き写す。
この作業を年間600時間、2年間繰り返すと、目に見えない力というものが、イメージできてくるから不思議。
11月10日1
コンピュータに頼るだけでなく、まずは手計算で感性を磨くこと。


11月10日2
ミニチュアの軸組に水平力を加え、どの様に破壊するかの実験。


11月10日3
構造設計の大家・増田先生(右)は、全国「伝統木構造の会」会長。


平成20年、多少の自信がつき東京での研修に15回程参加。
「許容応力度計算」を手計算できるようになり、平成23年コンピュータソフトを導入。
が、この計算法では「伝統構造」の耐震性能は証明できない。
ならば、より高度な「限界耐力計算法」にチャレンジするしかない。
平成25年、横浜の構造設計家・木村先生の指導を乞い、今は完璧とは言えないが何とか実務に応用できるレベルか?
まだまだ、山の頂は遥か彼方であるが絶対に投げ出さない。
「あがの家・創生プロジェクト」を広めるための必須条件なのだから。

11月10日4
構造設計家・横浜の木村先生に月一度、新潟まで来て頂き指導を。


11月10日5
機械だけに頼るのは「木を見て森を見ず」、主役は人の眼力と感性。


11月10日6
実物大構造物の振動破壊実験により、伝統木構造のデータも明確に。


木造の構造設計に関心のある方、共に学び夢を共有しましょう。
このプロジェクトに参加して下さい。

詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

株式会社研創 [ホームページ]

一級建築士 武石明

新潟県阿賀野市寺社甲246 [地図]
TEL:0250-68-3212

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
株式会社研創・代表武石さん

“百年先まで愛される家づくり”(1/3)

 ここ10数年で私達の“モノ”に対する感覚はだいぶ変わってしまったかもしれない。百均へ行けば大体揃ってしまう昨今、簡単に買えるから、簡単に捨ててしまう。だが、私達は同時に“愛着”の心も持っている。ずっと使うものには、使い手の心が宿る。それが...

武石明プロに相談してみよう!

新潟放送 マイベストプロ

木の特性を最大限活かした構造設計で安心快適な住宅を提供

会社名 : 株式会社研創
住所 : 新潟県阿賀野市寺社甲246 [地図]
TEL : 0250-68-3212

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0250-68-3212

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武石明(たけいしあきら)

株式会社研創

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
家の価値・性能・機能の関連特性を知る。Part6
イメージ

「建物の変形(層間変形)について」これまでは、「耐震性能における地震力とは水平力のことであり、建物の重...

家の価値・性能・機能の関連特性を知る。Part5
イメージ

「地震の揺れを左右する、地盤と建物の周期」地震とは地盤の揺れによって発生しますが、この揺れには周期があ...

家の価値・性能・機能の関連特性を知る。Part4
イメージ

「地震力と耐震性」このコラム、数回に分けて「地震と家の関連特性」を連載していますが、くしくも、6月18日、大...

家の価値・性能・機能の関連特性を知る。Part3
イメージ

「1階2階、各々の重さに働く地震力」地震による地面の揺れ具合は、震源地から同じ方向に同じ距離であれば、自宅...

家の価値・性能・機能の関連特性を知る、Part2
イメージ

「地震力と耐震性」最近、テレビや新聞で首都直下型、又は東南海地震の被害予測が頻繁に報じられています。一...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ