コラム

 公開日: 2017-12-20 

家とは2段階の創造でつくられる、「知的なコトの第一の創造」と「物的なモノの第二の創造」

お客様は家の新築・増改築に何を求めて、数百、数千万円の大金を支払うのでしょうか?一見するとモノ(家)を買っているように見えますが、実はそうではなくモノから得られる「価値」に対してお金を支払っているハズです。
「価値」とは、簡単に言えば、人が大切に思うもの、愛すもの、重要なものです。
住宅は価値の集合体です。
例えば、安全(地震や台風に強い)、快適(ひろびろ、明るい、ここち良い)、利便(動き易い、使い勝手の良い間取り、便利な設備)、ステイタス(重厚で堂々とした外観)、コストパフォーマンス(価格に対して価値が大きい)・・な「コト」を形にした「モノ」が家です。

12月20日1
物事には優先順位があります。
その価値を決定する第一要素が、知的な「コト」の創造です。
設計図(知的な創造)に、本当に欲しい姿が描けているかを確認することです。
大工には次のような格言があります、「二度測って、一度で切る」。
一本目の釘を打つ前に、細かなところまで全てが創造されていなければなりません。
素人は己の商品(売りモノ)だけに熱中し、プロはニーズや問題に対しての解決(コト)に熟慮する。
詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

株式会社研創 [ホームページ]

一級建築士 武石明

新潟県阿賀野市寺社甲246 [地図]
TEL:0250-68-3212

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
株式会社研創・代表武石さん

“百年先まで愛される家づくり”(1/3)

 ここ10数年で私達の“モノ”に対する感覚はだいぶ変わってしまったかもしれない。百均へ行けば大体揃ってしまう昨今、簡単に買えるから、簡単に捨ててしまう。だが、私達は同時に“愛着”の心も持っている。ずっと使うものには、使い手の心が宿る。それが...

武石明プロに相談してみよう!

新潟放送 マイベストプロ

木の特性を最大限活かした構造設計で安心快適な住宅を提供

会社名 : 株式会社研創
住所 : 新潟県阿賀野市寺社甲246 [地図]
TEL : 0250-68-3212

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0250-68-3212

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武石明(たけいしあきら)

株式会社研創

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ある建築家から教わった「目に見えないものをデザインする」
イメージ

目を引くもの、カッコイイものが良いデザインと思われがちです。ある方の論文に「悪いデザインというものは、...

構造解説書より学ぶ「構造設計という職能」
イメージ

建築における構造技術とは何か?このような問いに対して容易に答えることはできませんが、少なくとも「建築物が...

丈夫な家の根幹に関わる問題を明らかにする
イメージ

皆さまは、丈夫な家とは柱や梁が太いことであると思っているハズです。勿論、正解です。が、時によっては柱が...

新耐震基準の実状と、より安全、安心の耐震性能を目指して
イメージ

人の住む家は、安全性が最も基本的かつ重要な要求性能です。暴風、豪雪、火事、地震などの災害から人の命と財産...

強くて、良くて、好かれる「匠」を目指して日々精進
イメージ

今は、ほとんど忘れ去られた言葉「匠(たくみ)」。辞書を引くと「優れた技術を持つ人。古くは特に木工職人をさす...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ