コラム

 公開日: 2018-05-20 

ある建築家から教わった「目に見えないものをデザインする」

目を引くもの、カッコイイものが良いデザインと思われがちです。

ある方の論文に「悪いデザインというものは、ごまかすこと」で、良い建築とは「見えないものまでデザインされたもの」だと教わりました。

ではそれは何かといえば、うわべの綺麗さ、かっこ良さ、ごまかしではなくて、熱や空気、匂い、音といった「外から入ってくる豊かなもの」、心身の感触、周辺との関係(佇まい、コミュニケーション)、目には見えないけれど大事なことから逃げないで考える。
2018_05_20-1

「見える化」するという言葉がありますが、表現者(設計者、つくり手)は「目に見えないものを見える化」する能力のある人です。
自分たちの価値観をきちんと社会に伝えることが出来る人が表現者です。
建築は様々な要求が混然一体となってハーモニーを奏でるもの。
写真に写らないものも、実物では分かってしまう。
見えないものを侮ってはいけない。
それには、毎日コンピュータと睨めっこしているだけでは、何時まで経っても見えてきません。
2018_05_20-2
2018_05_20-3
まずは、生活態度を改め、心身を鍛え直し、感受性・気づき力を磨くことです。
具体的には、靴を揃える、ゴミを拾う、キビキビ行動、元気溌剌、笑顔で挨拶・・・。
習慣を変えて自己変革に尽きるのでは?と思います。

詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

株式会社研創 [ホームページ]

一級建築士 武石明

新潟県阿賀野市寺社甲246 [地図]
TEL:0250-68-3212

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
株式会社研創・代表武石さん

“百年先まで愛される家づくり”(1/3)

 ここ10数年で私達の“モノ”に対する感覚はだいぶ変わってしまったかもしれない。百均へ行けば大体揃ってしまう昨今、簡単に買えるから、簡単に捨ててしまう。だが、私達は同時に“愛着”の心も持っている。ずっと使うものには、使い手の心が宿る。それが...

武石明プロに相談してみよう!

新潟放送 マイベストプロ

木の特性を最大限活かした構造設計で安心快適な住宅を提供

会社名 : 株式会社研創
住所 : 新潟県阿賀野市寺社甲246 [地図]
TEL : 0250-68-3212

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0250-68-3212

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武石明(たけいしあきら)

株式会社研創

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
家の価値・性能・機能の関連特性を知る。Part3
イメージ

「1階2階、各々の重さに働く地震力」地震による地面の揺れ具合は、震源地から同じ方向に同じ距離であれば、自宅...

家の価値・性能・機能の関連特性を知る、Part2
イメージ

「地震力と耐震性」最近、テレビや新聞で首都直下型、又は東南海地震の被害予測が頻繁に報じられています。一...

家の価値・性能・機能の関連特性を知る、Part1
イメージ

「梁のたわみに対する設計数値」数年前に、当社のお客さまから相談を受けました。息子さんが仙台市に家を新築...

構造解説書より学ぶ「構造設計という職能」
イメージ

建築における構造技術とは何か?このような問いに対して容易に答えることはできませんが、少なくとも「建築物が...

丈夫な家の根幹に関わる問題を明らかにする
イメージ

皆さまは、丈夫な家とは柱や梁が太いことであると思っているハズです。勿論、正解です。が、時によっては柱が...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ