コラム

 公開日: 2014-11-10 

職場におけるパワハラとは

お客様から、次のような質問が寄せられています。

【質問】
当社では、私(社長)が部下に対して何かを言うと、何かにつけて 「社長、それはパワハラです。」 と言ってくる部下がいます。
※本意ではなく冗談として言っていることは分かるのですが。

基本的な質問で申し訳ございませんが、そもそも 「パワハラ」 の定義って何ですか?
業務の指導との線引きが難しい部分もあると思うのですが、どこまでがセーフで、どこからがアウトなのか? 基準のようなものがあれば教えてください。

【回答】
職場のパワーハラスメント(パワハラ)とは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」 と定義されています。

そして、具体的には、以下のような行為がパワハラに該当すると言われています。
1.暴行、傷害
2.脅迫、名誉棄損、侮辱、ひどい暴言
3.隔離、仲間外し、無視
4.業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害
5.業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
6.私的なことに過度に立ち入ること


職場のパワハラは、上司から部下への行為に限ったものではなく、同僚間や、部下から上司に対して行われる場合も含まれます。

また、職場のパワハラとは、あくまで、「業務の適正な範囲」 を超えるものが対象になります。
受け止め方によっては不満を感じたりする指示や注意・指導があったとしても、これらが 「業務の適正な範囲」 で行われている場合には、パワハラには該当しません。


「パワハラ」 や 「いじめ・嫌がらせ」 といった言葉は、受け手の主観的な判断で使われることが一般的です。

どのような関係の下で行われたものか、どのような行為が該当するのか、それらは人によって判断が異なりますし、社長のおっしゃるとおり業務上の指導との線引きが難しいといった課題もあります。

どこまでがセーフで、どこからがアウトかは、実際のところ、「ケースバイケースです。」 としか回答のしようがありません。

上記の具体的な行為 1~6 に関しても、「 1.暴行、傷害」はいかなる理由があっても一発でアウトですが、2~6 の行為については、何が 「業務の適正な範囲」 を超えるかの判断は、業種や企業、あるいは企業の文化・風土によって違いがあると思います。
また、行為が行われた状況や行為が継続的であるかどうかによっても、判断が左右される場合がありますので、まさにケースバイケースです。

大事なことは、各企業で、何が 「業務の適正な範囲」 を超えるかの共通の認識をそろえ、パワハラのない職場づくりへの取り組みを行うことです。

パワハラ対策の取り組み等について、ご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。


新潟県新潟市中央区鐙西2-27-23
グランデ紫101号
久志田社会保険労務士事務所
代表/特定社会保険労務士 久志田 諭
TEL:025-384-4002
http://www.kushida-office.com/

この記事を書いたプロ

久志田社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 久志田諭

新潟県新潟市中央区鐙西2-27-13 グランデ紫101号 [地図]
TEL:025-384-4002

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

「時代」、「業界」がどんどん変わっていく中で、この度会社の就業規則を整備することになりました。そこで、当社のモットー「誠実」に合う社労士の先生を探しまし...

 
このプロの紹介記事
久志田社会保険労務士事務所 代表 久志田諭

コンサルティング業務も行う、人事・労務のプロ(1/3)

 企業の総務部や人事部に代わって雇用保険、厚生年金、健康保険、社会保険、給与計算等の事務手続きを行う社会保険労務士。本来は事務的な代行作業がほとんどですが、久志田諭さんは、それらに加えてコンサルティング業務を重点的に行っています。「労働基準...

久志田諭プロに相談してみよう!

新潟放送 マイベストプロ

経験をいかしたコンサルティングと起業・創業支援に強み

会社名 : 久志田社会保険労務士事務所
住所 : 新潟県新潟市中央区鐙西2-27-13 グランデ紫101号 [地図]
TEL : 025-384-4002

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

025-384-4002

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

久志田諭(くしださとし)

久志田社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
介護休業給付の支給額引き上げへ

厚生労働省は、介護休業給付の支給額を、現行の休業開始時賃金日額の40%から少なくとも50%以上(育児休業と同率...

[ 人事・労務相談室 ]

学習塾アルバイト講師への賃金未払い

仙台労働基準監督署は、平成27年10月6日付で、アルバイト講師の授業前後の準備時間について賃金未払いの違法行為...

[ 人事・労務相談室 ]

夫の扶養の範囲で働いてないで、もっと働け!

以前にコラムでも書いたが、平成27年10月3日から新潟県の最低賃金が731円になった。少し前までは普通に時給700...

[ 人事・労務相談室 ]

マイナンバー通知カードの発送始まる

10月23日より、マイナンバーの「通知カード」の発送が、一部の地域(北海道、青森県、千葉県、新潟県、長野県...

[ 人事・労務相談室 ]

ストレスチェック実施促進のための助成金

「ストレスチェック実施促進のための助成金」は、同じ都道府県にある従業員数50人未満の事業場が合同で、医師・保...

[ 人事・労務相談室 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ