コラム

 公開日: 2016-02-23 

日本銀行マイナス金利政策で巷は大騒ぎ!

日本銀行   BANK OF JAPAN


マイナス金利付き量的・質的金融緩和について日本銀行では、2016年1月28、29日の政策委員会・金融政策決定会合において、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入を決定し, 2016年2月16日には金融市場で実施されました。

いよいよ日本も 「本気で国の建て直し」 に動き始めたようです。
視点は、「日本国」の経済回復と成長の為と思われますが、いかんせん「借金」が多過ぎて何から整理して良いのやら混乱しているようです。

小さな島国の「日本国」で、税金を取り立てる対象の企業や個人達に上手く活性化してもらわないと財布の中身が温まりません。 「国債」販売だって企業や個人に投資してもらい資金集めするが、パッとしない利息で『お金を投資していただき、ありがとうございました。』と償還されます。(個人向け国債など10年預けても(0.05%←しかも税引き前 ※販売募集期間により金利は変わります。)

「え~、、、10年預けてコレだけですか。。。。まるで、忍耐投資のようです。。(;一_一)」

。。。。国としては堅実な「金集め」をしているようですが、こんな環境の中で一般の生活者たちは「私達は税金に潰されてしまいそう!」と嘆きの声が聞こえてきます。 「借金するには良いかもネ~」なんて意見聞こえますが、借りた金を返す資金も用意しなければなりません。

特に、30歳代を境に、「お金を太らせる」のにどんな手段でやり繰りすれば自分の未来にお金を成長させられるのか、、、、?  最近、 真剣 に考える人が多くなって来ました。

『誰の為に生きているのか?????』
『希望を実現するのは誰のため?????』


私の事務所にも問い合わせのTELが増えてきました。<ご相談は完全予約制>

ここ最近、私が特に興味を得た事は「JR西日本の40年社債の発行」です。
大手企業は、自分たちの運営資金調達を超低金利の今、コスト負担を安くする為に自ら動き始めました。
。。。。40年といえば、今日生まれた赤ちゃんが40歳になることです。 (You are understand?)
その期間の資金を今から確保する手段です。
先だっての郵政グループ株式上場も外部から上手く投資してもらうための策略です。
今後も大手企業が長期社債発行に向かうだろうと推測されます。
企業は、自らの利益の為に自助努力しています。


さあ、このコラムを読んでいる読者の方は、自分の資産形成について現状のままで大丈夫ですか?
表面的な応急処置では、いつまでも変革できませんョ。
あなたの豊かな未来の為に「本気」になりましょう。


※「お金」のバランスについて、「真剣」に相談に乗ってくれる人は、銀行員でも、証券会社員でも、保険会社員でもありません。。。。まして、医師でも、看護師でも、薬剤師でも、救急救命隊員でもありません。 (注:私の個人的感想です。)



<保険やお金についてのご相談がございましたらご連絡ください。>

マルサFP保険事務所
financial・planner
佐藤 美和子
--------------------------------------------------------------------------------
「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の概要
(1)「金利」:マイナス金利の導入金融機関が保有する日本銀行当座預金に▲0.1%のマイナス金利を適用する。
(2)「量」:金融市場調節方針マネタリーベースが、年間約80兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。
(3)「質」:資産買入れ方針1)長期国債について、保有残高が年間約80兆円に相当するペースで増加するよう買入れを行う
(4)金融政策運営方針:「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の継続日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を継続する。今後とも、経済・物価のリスク要因を点検し、「物価安定の目標」の実現のために必要な場合には、「量」・「質」・「金利」の3つの次元で、追加的な金融緩和措置を講じる。               [日本銀行HPより]

この記事を書いたプロ

マルサFP保険事務所 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤美和子

新潟県新潟県新潟市中央区東中通1-86-82 [地図]
TEL:025-225-8161

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マネジメント

【マネーセミナー】最近、保険会社や証券会社、銀行等で「退職金」や「相続」に関するセミナーが頻繁に開催されております。マイナンバー制度の導入も実施に向...

 
このプロの紹介記事
マルサFP保険事務所 ファイナンシャルプランナー 佐藤美和子

豊かな人生を生きるためのライフプランを提案(1/3)

 ファイナンシャル・プランナー(以下FP)と聞くと、「お金の専門家」をイメージするでしょう。確かに、一人ひとりのライフプランを実現するために、経済的な側面から具体的な助言を行い、サポートするのがFPの役割です。実際、FPのもとへ訪れる人は、...

佐藤美和子プロに相談してみよう!

新潟放送 マイベストプロ

人生を愉しく豊かに過ごすためのライフプランニング提案

会社名 : マルサFP保険事務所
住所 : 新潟県新潟県新潟市中央区東中通1-86-82 [地図]
TEL : 025-225-8161

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

025-225-8161

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤美和子(さとうみわこ)

マルサFP保険事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
気持ちを新たにスタート!

みなさん、こんにちは。地元:新潟のファイナンシャル・プランナー 佐藤 美和子です。個人的な話題です...

個人型確定拠出年金 ”iDeCo” で資産形成
イメージ

もう、2016年も終盤となりました。皆様、如何お過ごしでしょうか?先月より、第3土曜日にライフプランに伴う...

2016年 アメリカ大統領選挙 ドナルド・トランプ氏当選!  為替相場も大混乱。
イメージ

2016年11月9日, アメリカでは新大統領の選挙が開催され、世界中がその結果を神妙な気持ちで見守っておりました。...

ライフプランと人生相談
イメージ

このところ、生命保険の見直しで、お客様より「人生相談」のようなお話が増えております。保険契約者の既存契...

CANADAで体験してきたライフスタイル。
イメージ

暫くコラムをお休みしておりましたが、CANADAに訪問しておりました。もちろん、、、経済環境の現地研修に行って...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ